ED治療薬で血流改善治療の決意

日本でもEDという言葉が一般化して久しくなりました、現在ではインターネットで気軽にED治療薬が手に入れる事が出来る様になっています。しかし中には粗悪品も多く存在し、効果が薄かったり、下手をすると体に重大な害を及ぼす危険性も孕んでいます。パートナーとの性生活がうまくいかなくなり、焦りからそういった薬に手を出し、体を壊してしまうケースもあります。そうなる前に決意を固めて、医師の診断を受けてみるのもいいかもしれません。
EDは健康な人の場合、正しく治療すれば95パーセントが改善に向かうと言われています。現在日本で認可されているED治療薬は、バイアグラ、レビトラ、シアリス、の3種類が有り、どれも病院で処方されています。元々血管を拡張するために使われていた薬が元になっていますが、ED治療の基本も血流を正常に戻し、性器に血液を送りやすくする事にあります。性器の海綿体組織には勃起を阻害する酵素が存在し、その酵素を薬で抑制し血液循環を正常に戻すのです。循環器の障害が元となる器質性のものには、とても効果的です。ただ狭心症や心筋梗塞の薬と併用すると、副作用が出る事があり、肝機能障害がある場合にも危険が伴うので、やはり医師とよく相談した上での服用が望ましいです。
またED治療薬にはマイナスなイメージを持たれている人も多くいます。依存性があり止められなくなるのではないか、心臓に負担がかかるから危ない、飲んだら1日中勃起が止まらなくなる、など様々な噂が流れていますが、どれも医学的な根拠は無く、そういった症例も確認されていません。しかしだからと言って、自己判断で服用するには危険が伴います。やはりED治療の一番の近道は医師の診断を受ける事にあると言えます。